2012年03月06日

人の生れて艱難(かんなん)をうくるは、火の子の上に飛がごとし。【ヨブ記5章7節・文語訳】

カラフルパンジ.jpg

人の生れて艱難(かんなん)をうくるは、
火の子の上に飛がごとし。

【ヨブ記5章7節・文語訳】

人に生まれると苦しみに会う。
火花が上に飛ぶように。

【ヨブ記5章7節・新改訳】

カナルファ・ウェディング

カナルファ・セレモニー

カナルファ経営理念

新しい葬儀のカタチを御提案します

花と音楽の【かおん】葬儀

株式会社カナルファ公式ホームページ
posted by カナルファ at 13:09| Comment(0) | 聖句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

人がみな、食べたり飲んだりし、全ての労苦の中に幸せを見いだすことも、また神様の賜物である。(伝道の書3章・参照抜粋)

天の下では、何事にも定まった時期があり、
すべての営みには時がある。

生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。
植えるのに時があり、収穫に時がある。
崩すのに時があり、建てるのに時がある。

泣くのに時があり、笑うのに時がある。
傷つく事に時があり、癒されるのに時がある。
嘆くのに時があり、踊るのに時がある。

抱擁(ほうよう)するのに時があり、突き放すのに時がある。
愛するのに時があり、憎むのに時がある。
戦うのに時があり、和睦(わぼく)するのに時がある。

神様のなさることは、すべて時にかなって美しい。

しかし、人は、神様が行われる「みわざ」を、
初めから終わりまで見極めることが出来ない。

私は知った。人は生きている間に、
喜び楽しむほか何も良いことがないのを。

また、人がみな、食べたり飲んだりし、
全ての労苦の中に幸せを見いだすことも、
また神様の賜物であることを。

(伝道の書3章・参照抜粋)

イワシの大群.JPG

写真は水族館で撮ったイワシの大群です。

カナルファ・ウェディング

カナルファ・セレモニー

新しい葬儀のカタチを御提案します

花と音楽の【かおん】葬儀

株式会社カナルファ公式ホームページ
posted by カナルファ at 14:34| Comment(0) | 聖句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

リーダーは、誰からも非難されない人で、ひとりの妻を愛し、勤勉で思慮深く、礼儀正しく、御客様をもてなし、人様に丁寧に教える事ができ、酒飲みでも喧嘩好きでもなく、優しく親切で、金銭に執着せず、謹厳でなければなりません。(テモテ参照)

リーダーは、誰からも非難されない人で、
ひとりの妻を愛し、勤勉で思慮深く、礼儀正しく、
御客様をもてなし、人様に丁寧に教える事ができ、
酒飲みでも喧嘩好きでもなく、優しく親切で、
金銭に執着せず、謹厳でなければなりません。

また子供たちの躾(しつけ)も行き届いた、
良い家庭の主人でなければなりません。

自分の小さな家庭すら取り仕切れない人が、
どうしてリーダーとして指導ができるのでしょう。

またリーダーとなる者は、
社会人になって日の浅い人ではいけません。
高慢になる危険性があり、
堕落してしまう恐れがあるからです。

また組織外の人からも、
評判の良い人でなけばなりません。
そうでないと訴える口実を与えたり、
自由に部下を指導する力を
奪われたりするからです。

(P・S)
この文章は下記のテモテ書から抜粋して、
自分の言葉でリーダー論を書かせて頂きました。
この文章で解るのはリーダーの条件というのは、
能力でも学歴でもなく「人柄」だという事です。

ですが書いてる私が耳が凄く痛くなりましたので、
条件の「人柄を高める」という事は、簡単な様で
凄く難しい事だと、とても痛感しました。(苦笑)

(テモテ書の原文)
監督は、非難のない人で、ひとりの妻の夫であり、
自らを制し、慎み深く、礼儀正しく、旅人をもてなし、
よく教えることができ、酒を好まず、乱暴でなく、寛容であって、
人と争わず、金に淡白で、自分の家をよく治め、謹厳であって、
子供たちを従順なものに育てている人でなければならない。

彼はまた、信者になって間もないものであってはならない。
そうであると、高慢になって悪魔と同じ審判を受けるかも知れない。

さらにはまた、教会外の人々にもよく思われている人でなければならない。
そうでないと、そしりを受け、悪魔の罠に掛かるであろう。

( テモテT 3 : 2〜7 )

白水館松林.JPG

指宿白水館さんの松林通りの写真です。
こちらでウェディングも御世話になってまして、
イタリアレストランも凄く美味しかったです。
こちらの文章をクリックして頂ければ、
白水館さんのホームページに移動します☆


カナルファ・ウェディング

カナルファ・セレモニー

新しい葬儀のカタチを御提案します

花と音楽の【かおん】葬儀

株式会社カナルファ公式ホームページ
posted by カナルファ at 11:14| Comment(0) | 聖句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。